山門は佛に入る関門。東方に持国天王、西方に広目天王、南方に増長天王、北方に多聞天王の仏法守護の四天王を奉祀。この地に末永く仏法をとどめておきたい、という願いを象徴している。

 伽藍の一番奥に位置し、各種の法要、仏法を布演するところ。
中央に本尊・聖観世音菩薩を祀る。

 仏・法・僧の三宝供養の食事を調弁するところ。守護神・韋駄尊天を祀る。三度の食事は欲望を満たすためだけではなく、自己の生命を全うし身や心を養い、人格完成のための尊い手助けとして戴く。

上へ戻る

 当山の鎮守尊の一つ。慈戒大力生神祇を祀る。慈戒和尚はご開山さまの手足となって、創建時には、その神通力をもって巨木や大石を運んだり、村人を一瞬にして京都見物につれて行き祇園祭を楽しませたという伝説を残す。その超人的な働きによって、人々はいつしか天狗様と呼ぶようになった。

 当山の鎮守尊の一つ。慈戒大力生神祇を祀る。慈戒和尚はご開山さまの手足となって、創建時には、その神通力をもって巨木や大石を運んだり、村人を一瞬にして京都見物につれて行き祇園祭を楽しませたという伝説を残す。その超人的な働きによって、人々はいつしか天狗様と呼ぶようになった。

 輪蔵とも言う。建物の中心を一本の柱で支え、回転する仕組みになっている。中には、お釈迦様一代にわたって説かれた『鉄眼版一切経』が収められている。古来より、この経蔵を回転させることによって仏縁が結ばれ、一切経全巻を読んだのと同じ功徳が授かるものと信じられてきた。西暦500年頃、中国・梁の時代、傅大士によって考案された為、中央に「傅大士」を祀る。

上へ戻る

 例年2月12・13日に春の祭礼が行われ多勢の参拝者で賑わう。近年、この行事の風物詩として「雪灯篭」まつりが催うされ、夜遅くまで賑わいを見せる。また12年に1度丑年には、秘仏・本尊が「御開帳」される。天平2年(730)、奈良時代の高僧・行基が北国巡錫の折、当時疫病が大流行し人心の不安で世相が混乱した為、病を鎮め、世の安泰を願い、1本の銘木より虚空蔵尊二体を刻み、うち一体を堂宇を建立し安置したのがその始まりと云われる。もう1体も又、鎮護、福寿無量の菩薩として彼の地にて多くの信仰を集めている。

 清流・滝谷川、森厳な老杉古木、静かに苔むす石仏、それらが一体となって凛とした空気、静寂さの中に自己と自然との不二の世界を醸し出してくれる。

 散策する人に潤いと安らぎを与えている。希望者には、自作の歌碑・句碑の建立の便宜を図っている。

上へ戻る

 白山の伏流水は、かつては「天狗の清水」と呼ばれ、修験者が好んで飲用。地中深く浸透し浄化された白山の水は多くのミネラルを含み、周囲の杉やブナ林を育み自然を豊かにしてくれる。

 地元、蛭野地区は全国でも有数の銀杏の産地。樹齢200年~600年と云われる巨木が数百本あり、秋には周囲一面が黄金色に染まり、見事な景観を見せる。その昔、慈光寺の僧が冬の滋養源として推奨し植えたのが、その始まりと云われる。毎年11月初旬にぎんなん祭りが開催され遠方からぎんなんを求めに大勢の方が来られます。

 白山 十峰の一つ。古くは薬師嶽、大峰とも呼ばれた。別名「寄草山」といわれる程、草木の香りが心地よく雰囲気を楽しむことが出来る。四月初めの「山開き」は、県外からも多く訪れ賑わいを見せる。

【 白山 十峰 】

  1. 加賀白山 (2,702m) 石川県
  2. 波田白山 (1,387m) 長野県
  3. 砥用白山 (1,073m) 熊本県
  4. 越後白山 (1,012m) 新潟県
  5. 大山白山 ( 862m) 岐阜県
  6. 古処白山 ( 860m) 福岡県
  7. 垂水白山 ( 827m) 鹿児島県
  8. 氷上白山 ( 502m) 兵庫県
  9. 今 白山 ( 274m) 岐阜県
  10. 対馬白山 ( 268m) 長崎県
上へ戻る
◎4月~10月
午前9時~午後4時30分
◎11月~3月
午前9時~午後4時